FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
ぱ ~無菌室へ届け!未来からの手紙~ 
2019.11.22 Fri 18:49

 



1月、いつものように奈良の街を視察も兼ねてジョギングしていたときのこと、油阪を走っていたときに見つけた “世界一周ピザ” の看板。

へえー、ゲストハウスでピザ屋 始めはったんや・・・

ぐらいに思い、次の週 行ってみたら、もう看板はなくなっていた。


まぼろしのピザ屋・・・


あれから、10ヵ月、twitter を見ていたら、この謎が解けた。

旅するピザ職人 河内佑介(かわちゆうすけ) さんが、遊山ゲストハウス別館 の場所を借りて営業しているのだった。

ピザ ぱピザ ぱ


祐介さんは”無菌室へ届け!未来からの手紙” というブログを綴り、自ら、白血病から生還した経験から、同じ病に苦しんでる人たちを元気づけたいと日々活動している方である。



まずは、この漫画をご覧ください。

無菌室へ届け!未来からの手紙
無菌室へ届け!未来からの手紙
無菌室へ届け!未来からの手紙
無菌室へ届け!未来からの手紙


日曜日の午後、店 (遊山ゲストハウス) を訪れると、先客はなく、祐介さんが一人座っていた。

私たちが、「ツイッターを見て来ました」 と言うと、笑顔で迎えてくれた。

メニューはマルゲリータとアイスクリームのピザの2種類だったので両方を注文、店内にも席があったが、天気がよかったので庭のテーブルでいただくことにした。


作っているときの写真を撮っていいとのことだったので紹介。

ピザ ぱピザ ぱ


ほかにお客さんがいなかったので、いろいろと話を聞くことができた。私が骨髄移植のドナーになったことがあるということもあって、話ははずんだ。

ブログ越しでもいい。人伝てでもいい。
無菌室にいた僕が何かを成し遂げる事で、無菌室から見える景色を変えたい。
神様からのプレゼントで在りたい。
僕の今は君の未来なんだって。
夢を見させてあげたい。

白血病にならなかったら見えなかったものがあります。出会わなかった人がいて。行かなかった場所があります。
9ヶ月間もの間、病院のベッドの上で見続けた無菌室の窓の外の空もそう。
33都道府県、10か国ピザの旅で出会った人、景色もそう。
白血病にならなかったらわからなかったことがあります。


「白血病は、ギフトだ」 という祐介さんは本当に明るく、強い人だった。

現在も2ヵ月に一度、経過観察の通院。寛解 (全治とまでは言えないが、病状が治まっておだやかであること。) を継続しているということで、不安もあると思うが、だからこそ、人のために何かしたいという気持ちが強いのだろう。

ピザ ぱピザ ぱ


独学で完成させたというピザはサクサクと軽い食感の生地が印象的。

左:マルゲリータ
チーズがとろとろに溶けてジューシーという言葉がぴったり。フライパンとバーナーで作るのだが、本格的な窯で焼くのと遜色ない味 (記事で"おいしい”という言葉は使わないようにしているのだが、あえておいしいと言いたい)。

右:アイスクリームピザ
サクサクの生地にバニラと抹茶のアイスクリーム。チョコレートソースとシュガー。

私は売り上げの一部をがんと闘う人に寄付をしています。
あなたのその一口が自動的にがん患者への支援となることから
ペッツォペルラパーチェ(平和の為の一切れ)のイタリア語から取って
ぱーちぇという屋号になっています。
今はもっと短くして「パ」にしようかと考えているところです。
「パいこうよ!」とか「パ知ってる?」という会話がされると思うとクスっとしちゃいます。
食べることで出来る支援があります。
是非、美味しいピザを食べにきてください。


ということで、






P.S.
今回、遊山ゲストハウス別館でいただいたが、いつどこで営業されるかはblogtwitterでチェックを。


    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

タグ : イタリア料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→https://naranara813.blog.fc2.com/tb.php/666-95b34ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)