FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
アコルドゥ ~たまにいくならこんな店~ 
2019.10.27 Sun 17:00

休日出勤をした代わり、平日に代休をもらった。

10月は嫁さんの誕生日もあるので、ちょっといい店を予約して二人で出かけようということになった。

行きたい店は山ほどある。新しく出来て、まだ行けてない店もあるし、かなり前に行ったきり再訪できてない店もある。

そんな中、9年前に一人で訪れて、次はぜひ嫁さんと一緒に来たいと思っていた店がある。

アコルドゥアコルドゥ


アコルドゥ  -akordu-

スペインのミシュラン二つ星 「ムガリツ」 で学んだ川島シェフによるモードスパニッシュのレストラン。

前回行ったときはまだ富雄に店があったときで、予約もしないでいきなり行ったら、たまたま席が一人分空いていた。(前回記事・ラッキーモードでスパニッシュ参照

その店が水門町、東大寺旧境内に移転してきた ので、今回ここに来ることを決めたのである。


12時からの予約、11時50分、きっちり10分前行動で店に着くと、まずはウェイティングルームに通された。

大きな窓からは、カエデなどの落葉樹が植えられ、季節が感じられる庭が見える。

アコルドゥアコルドゥ


しばらくするとウェルカムドリンクのお茶が運ばれてきた。

柿の葉と、レモングラス、ミントのお茶。

柿の葉っぱだからといって柿の味がするわけではないが、お茶の和の風味のあとにレモングラスやミントといったハーブの香りが追いかけてくる感じで、この後の食事の期待が高まるのであった。


12時を少し回って、ダイニングに案内された。

アコルドゥアコルドゥ


席に着いたあと、サービスの女性がテーブルに来られて、少しばかり話をした。

「この店は初めてですか?」「お近くから来られたのですか?」

簡単なやりとりではあったが、にこやかな対応に緊張もほぐれた。

・・・というのは、事前の情報によると店内の写真は控えてほしいとか、ドレスコードとか、キャンセルポリシーとか、いろいろあって、いつも行くような庶民的な店とはやはり違うものを感じていたからである。

ただ、実際は店内の写真については他の客が写らなければいいみたいだし、ドレスコードといっても半パンやサンダルがダメというぐらいで、そんなに気にするほどのことはなかった。


まず、居酒屋でいう突き出しみたいなものが出てきた。

アコルドゥアコルドゥ


左:シチリア産のオリーブ
アコルドゥのスターターとして定番。串に刺した一口サイズ、オリーブオイルに浸かって登場。

右:アコルドゥの の文字をあしらった全粒粉のパン
4種類のオリーブから取ったコンポジションのオリーブオイルとともに。


メニューはカードに書かれていて、料理が出されるごとに一枚ずつめくられていく。

「こちらでめくりますので、自分でめくらないでくださいね」

そんなこと言われると、タチョウ倶楽部の 「押すな」 のようにめくりたくなる。


まずは前菜。

アコルドゥアコルドゥ


左:ボケロネス スペインと日本2つの香り
ボケロネスはスペインのイワシの酢漬け。日本最古の柑橘類といわれる大和橘のすり下ろしと山椒を一粒。

右:Cavas Bertha
今回はめったに来られない店ということもあり、ワインペアリングも予約していた。

この料理に合わせるのはスペイン・カタルーニャ産のカバと呼ばれるスパークリングワイン。すっきりとした辛口。


2皿目は丼のような器に入った料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:秋の森 きのこのクレム 海ぶどうとスミレ
ホタテと海老のムース、スミレの風味を付けた泡。鱒の卵と海ぶどう、マッシュルーム。全体的には 「海」 なのだが、それだけではない複雑な味わいが楽しい。

右:TRIMBACH
フランスの星付きレストランに必ず置いてあるというアルザスの白ワイン。軽やかで料理にもよく合う。


3皿目は、イタリア料理でいう プリモピアットにあたる麺料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:暗闇のういきょう麺と寒空を照らす月
三輪山本の海藻を練り込んだ素麺、春日大社に供えられるういきょう飯からインスピレーションを得た。暗闇はあわびの肝のソース。さらにういきょうとあわびのソース。

南瓜をいったんペースト状にして丸くチップにしたものが、唐に渡ったまま帰れなかった阿倍仲麻呂が詠んだ三笠山の月を表す。


右:神韻
ここで合わせるのは日本酒、神韻 純米酒 ピンクラベル 火入原酒。天理にある蔵元 「増田酒造」 が生産する限定流通酒。香りの立ち方がよく、フルーティーな味わい。


4皿目は白い皿の右側に盛り付けられた料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:海老と麦わらの水辺
軽く火を入れた海老とツルムラサキ、オクラ。麦わらの香りを移したスープ。カリッとおやつ感覚でいただける海老の殻とともに。

右:Alta Mora Etna Rosato
この料理に合わせるのはシチリア島のロゼワイン、アルタ・モーラ・エトナ・ロザート。甘酸っぱくさわやかな味わい。


次に魚料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:夏の名残りと夏のアオモノ
とうもろこしの粉から作るポレンタは少し燻して夏の終わりの懐かしさを表現。緑色はピーマンのソース。夏が旬のソースに秋が旬の鰆を合わせて。

右:Domaine du Nozay
ドメーヌ デュノゼはフランス・ロワール地方のワイン。キリッと引き締まった辛口。


次に肉料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:コメを纏った無花果と鴨 その命とビーツ
無花果にの上には葛城産のお米のホワイトソース。葛城産の鴨のローストには鴨の血をイメージした赤いビーツのソース。

右:Izadi Crianza 2014
イザディ・クリアンザ、きれいなルビー色したスペイン・ラ・リオハ州の赤ワイン。花のようなフレーバー、力強く鴨に負けない味わい。


それにしてもここまでほんとうに忙しかった。

もちろん、それは店のせいではなくて、自分の貧乏性のせいなのだが・・・。

ペアリングのワインが出る→説明を聞く(覚える・時としてメモを取る)→ワインの写真を撮る→メニューがめくられる→メニューの写真を撮る→料理が出される→説明を聞く(覚える・時としてメモを取る)→料理の写真を撮る→ペアリングのワインが出る・・・以下、繰り返す。

当然ながら、夫婦で来ているのだから、会話も大切なのだが、ゆっくりしゃべって、ゆっくり食べているとワインが渋滞する。

自分の性格を恨むばかりである。


最後にデザート。

アコルドゥアコルドゥ


左:甲州葡萄のジュレと蓮のもとに願う人
行基が見つけたという説もある甲州葡萄をジュレにし、蓮の葉の水滴に見立てた。

蓮のもとに願う人は奈良時代 民衆のために尽くした光明皇后のこと。その清らかな心を真っ白なバラのアイスクリームに表現した。

右:5種類のハーブを使ったハーブティー
この店のために野菜やハーブを育てているという農園から5種類のハーブを使ったお茶。少し残して最後濃く出たお茶を楽しむ。


「土着と洗練」 「回帰と記憶」

地産地消ではなく、誰がどのような思いで作ったのかが大切、そうやって集めた食材にたまたま奈良のものが多いだけ。

生産者の思いを料理という形にし、一皿一皿にストーリーを綴っていく。

アコルドゥはバスク語で 「記憶」、今回いただいたのは単なる 「食べ物」 ではなく、長く記憶に残るであろう 「思い出」 だと感じられる時間を過ごした。

店を出るとき、先のサービスの女性が、「お写真を撮りましょうか?」 と声をかけてくれた。私が料理やワインやメニューの写真を撮っていたのをさりげなく見ていたのだろうか。

庭をバックに夫婦二人の写真を撮っていただいた。二人だけの写真など久しぶりである。

この写真もまた、記念、いや記憶に残ることだろう。


アコルドゥ -akordu-
住所 奈良市水門町70-1-3-1
電話番号 0742-77-8080
営業時間 12:00〜15;30(L.O 13:00) 18:00〜22:00(L.O 19:00)
定休日 月曜日 (祝営業翌休)
駐車場 有
HP https://akordu.com/



    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

タグ : スペイン料理 ワイン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
アレ!! ル トレッフル ~がんばれきたまちのクローバー・後編~ 
2014.06.07 Sat 17:24
 
さて、ここからはいただいた料理を中心に書いていきたい。

AllezLeTrefleAllezLeTrefle


左:シャンツァイのサントモールチーズのアンサンブル
香菜といえば別名パクチーと呼ばれ、独特の臭いで好き嫌いがはっきり分かれるハーブである。これにやはりクセのあるシェーブル (山羊) チーズを合わせるとはなかなか大胆な組み合わせである。

右:砂肝とハートのコンフィ
コンフィは低温の脂ででじっくりと火を入れる調理法。白でも赤でも、日本酒とか、焼酎でも合いそうな味である。←何でもいいだけ。

AllezLeTrefleAllezLeTrefle


左:辛口!!はちのすとあかせんのやわらか煮こみ
デミのようなこってりとしたソースにとろとろに煮こんだハチノスとあかせん。ぺぺというイタリアの唐辛子を刻んで辛味を出している。

右: ジャン=リュック·コロンボ ミツバチ 2011
ちょうど白ワインがなくなったころに上の料理が出てきたものだから、やはり、ここは赤ワイン、ということでいただいたのがこちら。

グラスワインは、滋賀のにごりワインと山梨ワイン、フランスワインとあったが、コクがあるというこの品にする。


3時に入店したこともあって、客は私たちだけであった。そのおかげでいろいろと店主と話をすることができた。

私が、「以前どこかで店をされていましたか?」 と、まあ、ぶしつけな質問をしたら、東生駒の ル・グロッシャ という店をされていたとのこと。

ル・グロッシャなら、私も知っている。

私がHPを立ち上げて、食べたものの写真を撮り始めたのが2000年ごろ、ル・グロッシャの記録は残っていないから、それより前に行ったのだろう。ただ、古いガイドブックには記事が残っていた。

なら食べあるきなら食べあるき


1998年版 なら食べあるきには、

ソムリエ厳選のフランスワインから 人気のカルフォルニアワイン まで、常時約50種揃えている。オーナーソムリエのテーマは、「おいしいワインと料理のマリアージュ (結婚) 」。季節毎の美味しいワインと、それに最も合った手づくり料理が手ごろな価格で気軽に楽しめる。

とあり、時代を感じさせる。

店主いわく、ならまちにも物件はあったけれども、このきたまちの方が、落ち着いて自分のスタイルでやっていけそうだと思ってここに決めたとのこと。

立地としては、最高・・・とはいかないが、ぜひとも地元民に愛されながら、この地に根付く店になってほしいと切に願うところである。

店名は、がんばれ!クローバーという意味らしいが、私からも、

がんばれ!きたまちのクローバー!! 

と応援したいと思う。



関連ランキング:ワインバー | 近鉄奈良駅



P.S facebook 教えていただきました。こちら。
    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール ワイン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
アレ!! ル トレッフル ~がんばれ!きたまちのクローバー~ 
2014.06.02 Mon 15:38
 
>奈良女子大学の北側、北袋町あたりにワインバーができるようですな.5月の連休あたりとか・・・

という、掲示板で、常連かつ新情報満載のKHさんの書き込みがあったのは3月17日のこと。その後、家から近いこともあって、ランニングのついでや仕事帰り、買い物帰りなど、時をあけず定点観測していたのだが、5月31日にやはりKHさんから、開店しているという書き込みが・・・。

ずっとチェックしていたのに・・・、ここでKHさんから開店情報をいただくとは・・・。

この日(日曜日)はきたまちweekというイベントが行われていて、タンドリ屋やさくらバーガーで軽く食事をして、その他 もろもろの店で雑貨なんかを見たりして、このことはまた時間に余裕があれば記事にしたいと思っているのだが、まあ、なんというか3時のオープンにあわせて行ってみたのである。

アレ!!ル トレッフルアレ!!ル トレッフル


29日の木曜日にプレオープンしたらしく、ルクレールとか、アルナッジョとか、ノモケマナとか、何とか工務店とか、名だたる有名店の祝花が外にも中にも並べられていた。


ちなみに、“アレ!!ル トレッフル” とはフランス語で、

“がんばれ!クローバー”、という意味である。

アレ!!ル トレッフルアレ ル トレッフル


東側は全面ガラス張りで明るく、席はコの字型カウンターだけで約10席。壁にはワインがずらっと並べられ、吊り棚にはワイングラス、ここがワインバーという雰囲気をかもし出している。

前がお好み焼き屋だった面影は全くない。

ちなみにお好み焼きの店、コタローは店主が虫好きで、虫のことを話せば何時間でも話すようななかなか楽しい店であった。もう引退されるのかな・・・?

アレ!!ル トレッフル


ワインのメニューはまだ作っていないということで、グラスワインが500円、700円、800円。聞かなかったが、好みの味を伝えれば、別のものを探してくれるだろうし、ボトルもあるはずである。

食事のメニューは簡単なミックスナッツ300円から、豚足とごぼうの煮込みポート酒とマデラ酒の風味1500円まで20種類。

店主いわく、「簡単なものしかできません」 ということだが、どう考えても凝った料理もありそうだ。


私たちはまずは、私が白ワイン、嫁さんが辛口のジンジャエール、息子がぶどうジュースを注文。

allez!! re trefleallez!! re trefle


白ワインは蔵王スターという山形のもの。普通にぶどうとして食べる完熟したデラウェアとナイアガラを使用したもので、さわやかな甘みがある。

アミューズは水牛のモッツァレラとトマト、オリーブオイルとハチミツを少しかけて。

ぶどうジュースは私が頼んだワイン(500円)より高い600円。アルコールは0ながら、ワインを飲んでいるような味であった。


さて、ここから注文した料理が出てくるのだが、一度には書けそうにないので、もったいぶって後編に続く。



アレ!! ル トレッフル
奈良市北袋町32-5 
0742-20-0660
15:00~23:00
水休 P無
facebookも作られたそうだが、火曜日現在検索しても出てきません。


    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : バール ワイン フレンチ

category:食べ歩き 奈良市
comment(1) | trackback(0)
記事編集
小西町バル Paz ~幸せの昼飲みバル~ 
2013.05.22 Wed 18:59
 
小西通りと東向商店街をつなぐ細い道、ここが、フレンチ、イタリアン、ビストロ、バルの激戦区で、 スクワール、nero、プティ・パリ、ピコレ、チェルビーノと、まるで新世界の串かつ屋ほどの密集ぶりである。

そんな、プチパリなスポットに新たなバルがオープンした。

小西町バルPaz小西町バルPaz


小西町バル Paz

元あった店は、トリタムラッテといって、焼き鳥バルだったが、閉まってしまって、でも、祝花があってよかった。(←ちょっと韻を踏んでみました)

この店、西大寺にある パームカフェ で店長をされていた方が独立して開いた店とのこと。

ちなみに Paz はスペイン語で平和とか安らぎという意味らしい。

小西町バルPaz小西町バルPaz


店内はコの字型のカウンターになっていて、少しだけテーブル席がある。この日はなかったが、店の前にテラス席を設けることも考えておられるよう。

ランチメニューは2種類、プレートランチとオープンサンドランチ。

この日は、久しぶりの友人 (赤ねえ) が奈良に来ていて、大人3人と子どもというメンバー構成だったので、とりあえず、ランチを一つずつ注文。

小西町バルPaz小西町バルPaz


左:プレートランチ
本日のスープ(じゃがいものポタージュ)、若鶏のトマト煮、魚介のマリネ、カポナータ(野菜の煮込み)。サラダ、パンかライス。

右:オープンサンドランチ
牛スネの煮込み、きのこのマリネ、カポナータ。ローストビーフのオープンサンド、パンの上にたっぷりのお肉が乗ってボリュームたっぷり。


・・・で、これで、済むわけがない。

小西町バルPaz小西町バルPaz


さあ、昼飲みの開始だ~。

息子は、ランチにセットで付く、マンゴージュース (100円) 、私はとりあえずのビール、嫁さんと赤ねえは、 スパークリングワイン(ハウメ・セラ) のフルボトルをオーダー。

このワインが、1700円となかなかのお買い得価格。


店員さんに、「アラカルトも注文できますか?」 と聞いたところ、「できないものもありますが、できるものはどうぞ」 と。

小西町バルPaz小西町バルPaz


これはうれしい、バルというからには、「昼からでも一品とアルコールを楽しめなければならん」 と、かの 楢奈良男氏も言っていた。

アラカルトは300円ぐらいからで、高くても1000円ぐらい、1500円とかのものもあるが、これは2~3人前みたいだ。

では、いろいろ頼んで、充実したバルタイムを楽しむことにしよう。(まだ昼だけど…)


ここから先は、本編ともかぶるので、ざっくりと報告したいと思うのだが、

小西町バルpaz小西町バルpaz小西町バルpaz
小西町バルpaz小西町バルPaz小西町バルPaz


左上:牛ホホ肉ワイン煮込み
中上:パテ・ド・カンパーニュ
右上:カジョス (トリッパのトマトピリ辛煮込み)

左下:小海老のアヒージョ
中下:追加の赤ワイン、フルボトル
右下:本日のケーキ (パウンドケーキ)

ほとんど、閉店間際 (ランチタイムの) までタパスをアテに飲んでいたわけだが、帰り際に、「また、夜にも来て下さいね~」 という声をかけていただいた。

これが、一瞬、昼飲みは迷惑だった? という意味にとれたのだが、いやいや、「夜はもっといろいろできるメニューもありますからまた来て下さい」 という意味だろう・・・と、前向きに受け取って、頭の中の “また行きたい店リスト” に加えたのであった。


小西町バルPaz 
奈良市小西町5 アルテ館1F
0742-24-7756
11:30~14:30 17:30~23:00
不定休 P無
    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ワイン バール

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
サン・ヴァンサン ~たまの電車通勤で飲んで帰る話~ 
2013.05.15 Wed 20:18
 
普段が自動車通勤だから、電車で通勤する人をうらやましく思う。

もちろん、ラッシュアワーでギュウギュウ詰めになったり、雨の日でも駅まで歩かなければならなかったり、電車通勤の苦労もあるだろう。

気楽な車通勤しながら何を言うか、とお叱りを受けるかもしれないが、しかし・・・、

“仕事帰りに一杯” を、やってみたいのだ。

この日、たまたま、珍しく、車を置いてきて、学園前で、仕事が終わった。

・・・となると、この “長年の夢” (←おおげさ) をかなえるチャンスである。


学園前の北側、駅の近くは、私にとって魅力的な店が少ないので、もう少し、歩いて、見つけたのがこちら。

サン・ヴァンサンサン・ヴァンサン


サン・ヴァンサン saint vincent~

場所は学園前駅から北へ歩いて約5分、ややこしい五叉路を少し入ったところにある。この店、ワインショップに併設した店で、元は生駒にあったらしい。

ちなみに、サンヴァンサンは、フランス語で、“ワインの神様” という意味、また、地名としてもいくつかある。


店内に入ると、誰もいない・・・、 5時半ぐらいだったから仕方ない。

ちょっととまどって、テーブル席に着こうとしたら、「カウンターへどうぞ」 と言われた。


注文は決まっていた。表のメニューにあった 7時までのメニュー、スターターセット。

サン・ヴァンサンサン・ヴァンサン


シャンパーニュor白ワイン+アミューズ+本日の料理一品。

ワインは白を選び、注がれたのはBASAブランコ 2009、すっきりとしたスペインのワイン。

フレッシュ・モッツァレラ・ブッファラ(水牛)と渦トマトのカプレーゼ仕立て

渦トマトは徳島産の中玉トマト、さっぱりとした甘みが特徴。水牛のチーズは臭みがあるのかと思ったら、全くなく、あっさりとした味。

チーズに関しては、チーズを語らせると朝までしゃべれるというスタッフがいるそうだが、この日はいなかった。よかった。

聞くところによると、臭みのあるのは、発酵のさせかたが悪いのであって、ここのチーズは一番いい状態になる直前のものを空輸しているとのこと。チーズにも相当なこだわりがあるようだ。

オリーブとドライトマトのオムレツ

注文してから焼くので温かいものが出される。


この日、カウンターにおられたのは、店主なのかどうかはわからないが、ソムリエだとは言っておられた。

他に客がいない中、一人カウンターに座った私に、ワインの話、チーズの話、店が奥まっているので、あまり知られていないという話、facebookをしているが、“いいね” を押してもらえない話・・・、いろいろと話して下さった。でも、くどいわけでもなく好感の持てる対応であった。

サン・ヴァンサンサン・ヴァンサン


メニューを見ると煮込み料理などもあり、ランチなどもあるので、また来たいな、とそんなことを思った店であった。

そして、この話は、さらに続く・・・。


サン・ヴァンサン
奈良市学園朝日町2-2 米田ビル 1F
0742-51-3888
平日11:30~13:30 (ランチ)
17:00~23:00 土日祝 14:00~
月休(祝営業翌休)
P有 HP
    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : ワイン バール

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集