FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
アコルドゥ ~たまにいくならこんな店~ 
2019.10.27 Sun 17:00

休日出勤をした代わり、平日に代休をもらった。

10月は嫁さんの誕生日もあるので、ちょっといい店を予約して二人で出かけようということになった。

行きたい店は山ほどある。新しく出来て、まだ行けてない店もあるし、かなり前に行ったきり再訪できてない店もある。

そんな中、9年前に一人で訪れて、次はぜひ嫁さんと一緒に来たいと思っていた店がある。

アコルドゥアコルドゥ


アコルドゥ  -akordu-

スペインのミシュラン二つ星 「ムガリツ」 で学んだ川島シェフによるモードスパニッシュのレストラン。

前回行ったときはまだ富雄に店があったときで、予約もしないでいきなり行ったら、たまたま席が一人分空いていた。(前回記事・ラッキーモードでスパニッシュ参照

その店が水門町、東大寺旧境内に移転してきた ので、今回ここに来ることを決めたのである。


12時からの予約、11時50分、きっちり10分前行動で店に着くと、まずはウェイティングルームに通された。

大きな窓からは、カエデなどの落葉樹が植えられ、季節が感じられる庭が見える。

アコルドゥアコルドゥ


しばらくするとウェルカムドリンクのお茶が運ばれてきた。

柿の葉と、レモングラス、ミントのお茶。

柿の葉っぱだからといって柿の味がするわけではないが、お茶の和の風味のあとにレモングラスやミントといったハーブの香りが追いかけてくる感じで、この後の食事の期待が高まるのであった。


12時を少し回って、ダイニングに案内された。

アコルドゥアコルドゥ


席に着いたあと、サービスの女性がテーブルに来られて、少しばかり話をした。

「この店は初めてですか?」「お近くから来られたのですか?」

簡単なやりとりではあったが、にこやかな対応に緊張もほぐれた。

・・・というのは、事前の情報によると店内の写真は控えてほしいとか、ドレスコードとか、キャンセルポリシーとか、いろいろあって、いつも行くような庶民的な店とはやはり違うものを感じていたからである。

ただ、実際は店内の写真については他の客が写らなければいいみたいだし、ドレスコードといっても半パンやサンダルがダメというぐらいで、そんなに気にするほどのことはなかった。


まず、居酒屋でいう突き出しみたいなものが出てきた。

アコルドゥアコルドゥ


左:シチリア産のオリーブ
アコルドゥのスターターとして定番。串に刺した一口サイズ、オリーブオイルに浸かって登場。

右:アコルドゥの の文字をあしらった全粒粉のパン
4種類のオリーブから取ったコンポジションのオリーブオイルとともに。


メニューはカードに書かれていて、料理が出されるごとに一枚ずつめくられていく。

「こちらでめくりますので、自分でめくらないでくださいね」

そんなこと言われると、タチョウ倶楽部の 「押すな」 のようにめくりたくなる。


まずは前菜。

アコルドゥアコルドゥ


左:ボケロネス スペインと日本2つの香り
ボケロネスはスペインのイワシの酢漬け。日本最古の柑橘類といわれる大和橘のすり下ろしと山椒を一粒。

右:Cavas Bertha
今回はめったに来られない店ということもあり、ワインペアリングも予約していた。

この料理に合わせるのはスペイン・カタルーニャ産のカバと呼ばれるスパークリングワイン。すっきりとした辛口。


2皿目は丼のような器に入った料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:秋の森 きのこのクレム 海ぶどうとスミレ
ホタテと海老のムース、スミレの風味を付けた泡。鱒の卵と海ぶどう、マッシュルーム。全体的には 「海」 なのだが、それだけではない複雑な味わいが楽しい。

右:TRIMBACH
フランスの星付きレストランに必ず置いてあるというアルザスの白ワイン。軽やかで料理にもよく合う。


3皿目は、イタリア料理でいう プリモピアットにあたる麺料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:暗闇のういきょう麺と寒空を照らす月
三輪山本の海藻を練り込んだ素麺、春日大社に供えられるういきょう飯からインスピレーションを得た。暗闇はあわびの肝のソース。さらにういきょうとあわびのソース。

南瓜をいったんペースト状にして丸くチップにしたものが、唐に渡ったまま帰れなかった阿倍仲麻呂が詠んだ三笠山の月を表す。


右:神韻
ここで合わせるのは日本酒、神韻 純米酒 ピンクラベル 火入原酒。天理にある蔵元 「増田酒造」 が生産する限定流通酒。香りの立ち方がよく、フルーティーな味わい。


4皿目は白い皿の右側に盛り付けられた料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:海老と麦わらの水辺
軽く火を入れた海老とツルムラサキ、オクラ。麦わらの香りを移したスープ。カリッとおやつ感覚でいただける海老の殻とともに。

右:Alta Mora Etna Rosato
この料理に合わせるのはシチリア島のロゼワイン、アルタ・モーラ・エトナ・ロザート。甘酸っぱくさわやかな味わい。


次に魚料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:夏の名残りと夏のアオモノ
とうもろこしの粉から作るポレンタは少し燻して夏の終わりの懐かしさを表現。緑色はピーマンのソース。夏が旬のソースに秋が旬の鰆を合わせて。

右:Domaine du Nozay
ドメーヌ デュノゼはフランス・ロワール地方のワイン。キリッと引き締まった辛口。


次に肉料理。

アコルドゥアコルドゥ


左:コメを纏った無花果と鴨 その命とビーツ
無花果にの上には葛城産のお米のホワイトソース。葛城産の鴨のローストには鴨の血をイメージした赤いビーツのソース。

右:Izadi Crianza 2014
イザディ・クリアンザ、きれいなルビー色したスペイン・ラ・リオハ州の赤ワイン。花のようなフレーバー、力強く鴨に負けない味わい。


それにしてもここまでほんとうに忙しかった。

もちろん、それは店のせいではなくて、自分の貧乏性のせいなのだが・・・。

ペアリングのワインが出る→説明を聞く(覚える・時としてメモを取る)→ワインの写真を撮る→メニューがめくられる→メニューの写真を撮る→料理が出される→説明を聞く(覚える・時としてメモを取る)→料理の写真を撮る→ペアリングのワインが出る・・・以下、繰り返す。

当然ながら、夫婦で来ているのだから、会話も大切なのだが、ゆっくりしゃべって、ゆっくり食べているとワインが渋滞する。

自分の性格を恨むばかりである。


最後にデザート。

アコルドゥアコルドゥ


左:甲州葡萄のジュレと蓮のもとに願う人
行基が見つけたという説もある甲州葡萄をジュレにし、蓮の葉の水滴に見立てた。

蓮のもとに願う人は奈良時代 民衆のために尽くした光明皇后のこと。その清らかな心を真っ白なバラのアイスクリームに表現した。

右:5種類のハーブを使ったハーブティー
この店のために野菜やハーブを育てているという農園から5種類のハーブを使ったお茶。少し残して最後濃く出たお茶を楽しむ。


「土着と洗練」 「回帰と記憶」

地産地消ではなく、誰がどのような思いで作ったのかが大切、そうやって集めた食材にたまたま奈良のものが多いだけ。

生産者の思いを料理という形にし、一皿一皿にストーリーを綴っていく。

アコルドゥはバスク語で 「記憶」、今回いただいたのは単なる 「食べ物」 ではなく、長く記憶に残るであろう 「思い出」 だと感じられる時間を過ごした。

店を出るとき、先のサービスの女性が、「お写真を撮りましょうか?」 と声をかけてくれた。私が料理やワインやメニューの写真を撮っていたのをさりげなく見ていたのだろうか。

庭をバックに夫婦二人の写真を撮っていただいた。二人だけの写真など久しぶりである。

この写真もまた、記念、いや記憶に残ることだろう。


アコルドゥ -akordu-
住所 奈良市水門町70-1-3-1
電話番号 0742-77-8080
営業時間 12:00〜15;30(L.O 13:00) 18:00〜22:00(L.O 19:00)
定休日 月曜日 (祝営業翌休)
駐車場 有
HP https://akordu.com/



    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

タグ : スペイン料理 ワイン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
Bar de Espana Gentry ~亀の手はなかったけれど ~ 
2012.05.02 Wed 18:30
 
私の母校の吹奏楽部が文化会館でコンサートを開くというので行ってきた。さすがに県の代表の常連校ということで、すばらしい演奏だったが、何よりも生徒達が楽しんでいるのがこちらにも伝わってきて、幸せな気分になった。

幸せになったので、一杯飲んで帰ることにした。 

さらに幸せになろうという作戦である。

こんなとき東向北商店街はいい店が多い。フレンチならス・マガザン、イタリアンなら雨宮製麺所、魚なら花しば、中華ならへいぞう、その他、WAKAKUSAやさくらバーガーなど。

そんな中、本日のチョイスはここ。

Bar de Espana Gentry ジェントリーBar de Espana Gentry ジェントリー


Bar de Espana Gentry ジェントリー

この店、前はパスタなんかも出していて、奈良にありがちないろいろな料理を出す店だったのだが、いつのかにかスペイン料理に特化するようになり、今では、すっかり本場スペインのバルを再現するようになった、といっても、本場を知らないわけだが・・・。

店内はそこそこ混んでおり、私は一人だったのでカウンターに座った。

Bar de Espana Gentry ジェントリーBar de Espana Gentry ジェントリー


ここは鶴橋人情市場から仕入れた食材を使ったその日のおすすめメニューがある。
連休も2日目ということで、品切れのものも多かったが、その中から選んだのがムール貝のワイン蒸し。そして、ハートランドの生。

本当は店主のブログに書いてあったペルセベスがあればそれにしようと思っていたのだが、この日はないとのこと。

ちなみにペルセベスは亀の手、日本でも食べるところはあるが、あまり流通に乗らない珍味である。

奥さんが、「もの珍しさに注文する人もいたんですが・・・」 と言葉を濁らせていたので、評判がよくなかったのかもしれない。でも、本場のバルを目指すのなら、(目指してるかどうか知らんけど) 評判に負けずに置いてほしい。


そうこうしていると、ムール貝が出来上がった。
この時にはすでにビールは飲み終えていたので、白ワインを追加。

Bar de Espana Gentry ジェントリーBar de Espana Gentry ジェントリー


耐熱皿を使い、直火で蒸されたムール貝はぐつぐつと煮えた状態で登場。身は柔らかくぷりぷり、貝から出る出汁にニンニクが効いたスープもまた熱々でうまい。

ハウスワインはグラス400円、白はトレッビアーノという品種の葡萄を使ったもの。
甘くはなく、さっぱりとして料理にあわせやすい味。当然ワイン蒸しに合う。


次に注文したのがこちら。

Bar de Espana Gentry ジェントリーBar de Espana Gentry ジェントリー


フラメンカエッグ 野菜のトマト煮込み、半熟玉子添え。
茄子,玉ねぎ,パプリカなどの野菜を自家製トマトソースで煮込み卵をくずしながらいただく。

赤ワインはサンジョベージェ。気が付いたら追加していた。

ちょいと一杯のつもりで飲んで~、いつのまにやら3杯目♪

もし私が電車通勤であったら、東向北の誘惑には確実に負けてしまうであろう。
そんなことを考えながら、幸せな気分に包まれて、家路についたのであった。


ジェントリー
奈良市花芝町16-1
0742-27-1477
11:30~14:00
17:00~22:00
日不定休 P無
    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : スペイン料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
アコルドゥ ~ラッキーモードでスパニッシュ~ 
2010.08.02 Mon 07:33

この記事は2010年8月に書かれたものです。

平日、富雄でお昼の時間になった。

久しぶりにがっつりと 「ジャンク屋哲」 でアブラ増しでも食ってやるか。

後先考えずにニンニクも増し増しだ~!

と、駐車場に行ったら満車であった。

2台しかないのだから、当然あり得ることだったが、では、どうするか。


待つか・・・、有料駐車場に停めるか・・・。

・・・・・・。


そういえば、アコルドゥの駐車場、車3台しか停まってなかったな。

ダメもとで行ってみるか。

ちなみにアコルドゥは先々まで予約がいっぱいの超人気店である。

アコルドゥ


レンガ造りの大正時代の名建築は今はすっかりおしゃれなレストランとして定着したが、

昔はハンディマンというホームセンターだった。


そっと扉を開けて聞いてみた。

「あの~、予約していないんですが、大丈夫ですか。」

「少しお待ち下さい。」


スタッフの方が店の奥へ行ってシェフに聞いている。このシェフが雑誌などでもよく目にする川島宙シェフであった。

「何名様ですか。」

「ひとりです。」


また、奥へ行ってしまった。そして、戻ってきて、

「お席ご用意できます。」

・・・と予約なしでいただけることになった。


ラッキー。


アコルドゥ


私以外のお客さんは全員おばちゃんであった。ざっと数えてみると22人ぐらいいた。


22-1・・・、 5回コールド負けである。


それにしても おばちゃんは声が大きい。まわりがおばちゃんばかりだから、なおのことである。

よう食べるし、ようしゃべる。 ベルベル人か!


向こうのおばちゃんの話し声が聞こえてくる。

「お昼からこんなにおいしいもん食べたら、晩ご飯作る気なくすわ~。」

それだけならまだしも、

「晩ご飯、お茶漬けでええやろ。」 ・・・おいおい。(-ω-)ノ"


メニューは1種類であった。

予約していないのだから、これは仕方がない。それでも初めて来たのだから、まずはおまかせで十分である。

アコルドゥ


メニューは何だかわからないが、でっかい口を開けたおっさんの口の中に書かれていた。

前菜、パスタ、メイン、デザート、パン、ドリンクで2940円。

予約が取れない店として有名で、もし 「ミシュランガイド奈良」 があれば間違いなく3つ星だろうが、そんなに無茶な値段設定ではない。むしろ、安く感じられる。 (まだ食べてないけど。)


まず、一皿目は前菜とサラダ。

アコルドゥ


焼きウナギ 赤ピーマン 半乾きのトマト 胡瓜とヴィッチーニカタランのガスパチョと無農薬野菜。


長い名前である。 住信SBIネット銀行ぐらい長い。


私の人生で食べたものの中で、おそらく一番長い名前のメニューではないか。

7月後半 (おまかせは2週間ごとにメニューが変わるらしい) だけあって土用の丑を意識してのウナギであろう。しかし、そこはモードスパニッシュ、テリーヌ風におしゃれな仕上がりである。

胡瓜のガスパチョはヴィッチーカタランというスペインの炭酸温泉水を使ったもの。中にスイカが入っていてさっぱりとしたお味。

無農薬野菜のサラダはうちでも、毎日おじいちゃんの畑で取れた無農薬野菜を食べているので、別段驚くことはないが、ナイフとフォークでは食べにくい。

えびせんべいがあしらわれているのはシェフの遊び心か。


二皿目はパスタ。

アコルドゥ


イカ墨のヌードルと海のゼリー イカとマスの卵を和えたもの ワサビの珠。

パスタは生ということで歯ごたえがしっかりしている。イカ墨は練り込んであるのでお歯黒になることもない。ご婦人でも安心していただけるだろう。

面白いのはこんぶを使ったというとろみのあるソース。色は透明だからこんぶのネバネバしたエキスだけを抽出しているのだろう、パスタや海の具材を上手くまとめている。

小皿の中に大海を感じる一品であった。 (←ちょっとかっこいい?)


メインは鴨肉のロースト。

アコルドゥ


葛城の合鴨と無農薬野菜 コーンと麦 中国の醤とマンゴー

葛城の鴨と聞いて思いついたのは、橿原の 「バルジェット」 でいただいたとき聞いた 「葛城の実家で育てた合鴨です」 という言葉であった。

同じ農家か?それとも葛城は合鴨が特産なのか?

合鴨はレアに焼かれており、歯ごたえがあって、まわりのおばちゃんの歯は大丈夫か?という心配はあったが、肉汁が濃く、やっぱりしっかりとした歯ごたえであった。

面白かったのは3種類のソース。基本は甜麺醤と肉汁を使ったソースだが、シブレットオイル (おしゃれな言い方だが、葱油)、マンゴーソースとあって、それぞれが鴨肉によく合う。

私は鴨肉をナイフで半切れにし、まずは甜麺醤、そしてシブレットオイル、それから、マンゴーソース、次に茄子と一緒に、今度は麦とコーンをのせて、とローテーションして楽しんだ。

誰かの旅行記で人糞をえさにした豚の肉は人糞の臭いがすると書かれていた。ドングリをえさにした豚もまたしかり、とすれば、この鴨肉の飼料が麦とコーンなら付け合わせとして完璧である。


最後はデザート。

アコルドゥ


桂花陳酒風味のプラム アーモンドジェラートのミル・オハ。

パッと見ただけでは一つの料理に見えるが、実際はミルクとアーモンド味のジェラート、桂花陳酒に漬け込んだプラム、ミルフィーユ風のお菓子(少し塩味がきいている)と3種類のデザートが一皿の中に入っている。

これが一つひとつもおいしいのに、ジェラートが溶けてきて、ジェラートとプラムとか、ミル・オハとジェラートとか、ミル・オハとプラムとか、組み合わさった味もまたおいしいのである。

Muy rico!
 (スペイン語でとてもおいしいという意味です)



この後、食後のドリンクはエスプレッソをいただいた。

アコルドゥ


まわりのおばちゃん達は 「美と健康」 を意識してか、生ハーブティーを注文している人が多かった。

支払いはテーブルでするのだが、このときホールの主任っぽい人から 「どこでこの店をお知りになったのですか」 と聞かれた。

私は 「いろんなところで見ています。私は食べ歩きが趣味なのでいつか来たいと思っていたのですが、なかなか来られずにいました。今日はラッキーでした。」 と答えた。

すると 「普段は予約なしでは難しいのですが、今日は一人分だけ残っていました。夏休みに入って奥様方のお客さんが少なくて・・・」 と言われた。

なるほど。 そういうことか。

Viva!summer vacation! 

でも、普段なら、22-1 が、55-1みたいになるということか。


おいしかったなあ~、嫁さんにも食べさせてやりたいなあ~。

こうして優雅なランチを食べている今も、嫁さんは掃除したり、洗濯したり、買い物したり、昼寝したり、しているはずである。

今度はちゃんと予約して、嫁さんと一緒にまた来ようと思いつつ店を出たのであった。


akordu (アコルドゥ)
奈良市富雄北1-1-1
0742-43-0222
11:30~14:00 18:00~21:00
月休 P有 HP

この記事はアコルドゥが富雄にあったときに書いたものです。




    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : スペイン料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(3) | trackback(0)
記事編集
たかまど ~名前はともかくスパニッシュ~ 
2010.01.13 Wed 19:58

コメントや掲示板で「どうしてそんなに新しい店を見つけるの、早いんですか」と聞かれることがある。

答えはいろいろ。
 人生もいろいろ。

いろいろでは答えにならないので、もう少し詳しく書くと なんでも である。

もちろん、インターネットから新しい情報を得ることも多い。「食べログ」さんやいろんな方のブログを読んで新しい店を見つけることもある。

・・・が、それはたくさんあるメディアの中の一つに過ぎない。

早朝のジョギングで三条通や近鉄奈良駅周辺や新大宮などを走って、新しくOPENする店を見つけたり、残念ながら閉店してしまった店を見つけたりして、文字通り 足で 情報を集めることもある。

また、奈良に関する本や雑誌にも目を通すし、奈良リビングやマイタウン奈良、ナラスマイルなどのフリーペーパーもひと通り目を通す。求人情報も役立つぞ。


めっちゃ努力家やん! …と誰か、ほめてやって下さい。拍手 パチパチ



今日紹介する店は1月9日付のマイタウン奈良のOPEN (オープングルメ) で見つけた。

その名も、かふぇ ばる たかまど。

かふぇばるたかまど


マイタウン奈良から紹介文を引用させていただくと、

スペインのアンダルシア地方出身の料理人ぺぺさんが作るおふくろの味。日替わりランチは1000円でデザートまで楽しめる。タパスと呼ばれる小皿料理は350円~。おすすめは「タコとエビのサラダ」「ピーマンの酢の物」。定番のパエリアは要予約。
(マイタウン奈良のウェブサイトはこちら

スペイン料理を出すバルが たかまど という店名なのはどうなんだか。

バルなら Bar alto Ronda (高い、円い) とかの方が 断然かっこいいと思うのだが・・・。



しかし、いつかスペインに旅行したときにはバル巡りもしてみたい、そのときの予習としても、この店はぜひ行っときたいと思ったので、嫁さんに予約の電話を入れてもらって土曜日に行ってきた。

予約したのは 要予約の パエリアをいただくためでもある。

かふぇばるたかまど


店内、内装は普通の喫茶店で、厨房ではぺぺさんがすでにパエリアに火をかけていた。予約が必要なのは時間がかかるからだろう。

でも、ちょっと待て。マイタウン奈良にはおふくろの味って書いてなかったか?


ぺぺさん、どう見ても男性である。 ガウディもびっくり!



さて、パエリアは予約してあるが、それだけでは味が単調になりそうだったので、別のものを頼むべくメニューを見た。(ぺぺさんの手書きらしい、つたなくも温かい日本語である)

かふぇばるたかまどかふぇばるたかまど


日替わりランチは土曜日はやっていないとのこと。

アルボンディガス、ロモコントマテ、メヌードコンガルバンゾ、ソロミージョアル、アルメハマリネラ…。(早口言葉か!)

メニューにはずらっと舌を噛みそうな名前のタパスが並んでいたが、仕入れの都合で、今日は肉料理が一つだけできるということだった。とりあえず、それを注文。



店の真ん中に置いてある石油ストーブで暖を取り、スペインの本なんかを読みながら、アンダルシアにあこがれているとパエリアが登場。

かふぇばるたかまど


直径33cm (ちゃんと計りました) 、ジャイアント馬場の足のサイズほどもあるパエリア鍋で、かなりのボリューム。予約のときに何人前か聞かれなかったので、たぶんワンサイズであろう。

メニューにもパエリア、3000円とだけ書かれている。 (3人以上で行くことをおすすめします。)

具は有頭海老(これがけっこう大きくていいものだった)、アサリ、イカなどの魚介類、豚、鶏の肉、ニンジン、玉ねぎ、ニンニクなどの野菜類、と種類も多い。おこげもおいしい。



この日は 私と嫁さんと息子の3人だったので、食べきれないかも、と心配していたときに肉料理登場。

かふぇばるたかまど


そういえば注文してたよなあ・・・。

でてきた肉料理はチュラスコ・デ・セルド(豚肉の鉄板焼き)。サラダとポテトチップスも付いている。



かくなる上はワインも飲むぞ! おぉー!




いや・・・

飲む理由がわからん・・・?



・・・が、そこは勢いである。
嫁よ、帰りの運転は頼んだ。いつもすまん。



実はこの後、肉料理についてくるパンも出てきたのだが、さすがにそれは包んで持って帰った。すでにお腹ポンポコリンである。



最後に メニューにあったぺぺさんからのメッセージを紹介して、この記事を終わりたいと思う。

この店はスペイン文化と日本の文化の交流によって、二つの国がいっそう近づけることを願って開きました。というのは、スペイン人である私が、日本と日本の皆さんに関心を持ち、みなさんと日本を尊敬しているからです。この店がみなさんに親しんでいただけ、居心地のよい場所になりますよう、心から願っております。ご来店ありがとうございます。

なるほど、だから店名をスペイン語にせずに たかまど のまま残したんだ。
私ももっとスペインのことを知りたいと思う。


かふぇ ばる たかまど
奈良市東紀寺2-6-10
0742-24-0238
9:00~21:00 土11:00~15:00
日祝休 P有
    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : スペイン料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集