FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
Tiem an HUONG VIET ~京都でフォー!~ 
2012.11.28 Wed 19:50
 
ちょっとした用事で京都に行くことになった。

その用事は夕方からだったのだが、せっかくなのでランチやら秋の京都観光などもしてみたいと思い、午前中に奈良を出た。

国際会館行きの近鉄電車に乗り、烏丸御池で下車、小雨が気になる天候ではあったが、この日のランチ場所に到着。

Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


Tiem an HUONG VIET 

ティエム アン フォーン ヴィエット というベトナム料理店。


ベトナムといえばかなり前になるが行ったことがある。

そのときは脱皮したすぐのカニとか、ヤギのおっぱいの焼肉とか、椰子虫とか、ホビロン (孵化寸前の卵) とかベトナム料理の奥深さを感じて帰ってきたのだが、何を食べても美味しかった記憶がある。

Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


とはいえ、やはりベトナム料理といえば フォー!、そして春巻き、といったところが定番だろう。

実際、この店も夜用のアラカルトメニューには牛鍋や薬膳スープ、マッドクラブなどいろいろあるが、ランチだと麺などの料理が中心になる。


私たちは海南チキンライスのフォー・ガー付き、フォー・ボー、ブンボー・フエのそれぞれセットを注文。バインミー (ベトナム風サンドウィッチ) も気になったが、そんなに食べられない。

Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


セットにはチャーゾー (揚春巻き)、ゴイ・クゥーン (生春巻き)、サラダが付く。つけダレはスイートチリだが、卓上にはホッとチリなどの調味料がある。

ランチタイムサービスでドリンクがお得 (400円) だったので、私は生ビール、嫁さんは白ワインをいただいた。 電車だからつい昼間っから飲んでしまう。


Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


左:海南チキンライス
鶏を茹でたときにできるスープで炊いたご飯にその鶏肉を乗せる。生姜、唐辛子、甘味噌を好みで付けていただく。

右:フォー・ガー
ここのフォーは自家製の生麺とのこと。卓上のナムプラーやレモンで塩味や酸味をプラス。あっさりとした優しい味。


Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


左:フォー・ボー
ガーが鶏に対してボーは牛。牛骨スープにトッピングも牛肉。香菜の大盛りは+100円。

右:ブンボー・フエ
ベトナムの古都、フエの名物麺。レモングラスと赤唐辛子を炒めて作った調味料を入れ辛酸っぱい味。


この店、雰囲気もハノイのカフェをイメージしているそうで、置いてある物もキッチュ、落ち着いた感じである。お酒のメニューも多く、家の近所にあったら通いたくなる、そんな店であった。


Tiem an HUONG VIET
ティエム アン フォーン ヴィエット
京都市中京区押小路東洞院西入ル118
075-253-1828
12:00~14:00(土日は~15:00)
18:00~21:30
火休 P無


P.S さて、烏丸御池でランチをいただいたのには理由があって、近くにある京都文化博物館で催されている「シャガール展」 を見に行くためである。

シャガール展


さらに言うと、この絵の左下に注目していただいたらわかるのだが、ちょっと面白いものが描かれていて、それが観たかったのである。



それがこれ。

シャガール展


お尻を出して、う○こをきばるおっさん。

もう終わってしまったので、お薦めできないが、シャガール、なかなかお茶目である。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:京都 - ジャンル:旅行

タグ : エスニック料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
アジア屋台フェスティバル ~後編・全店制覇へ~ 
2010.02.28 Sun 17:07

白のパン●を どれでも 全部 並べて~♪ (PUFFY・アジアの純真より)

さてこれからあなたの変態度チェックをします。●に入る一字を書きなさい。

① ダ  ② ツ  ③ 粉

火山 マゼラン シャンハイ マラリア
夜になって 熱が出て~♪

すぐに病院に行きなさいっ!  歌ってる場合じゃない。



・・・と今日もまたおチョケから始まる当ブログにようこそいらっしゃいました。続きです。

シシカバブでビール飲みたい度200%になっている私であったが、ここはカンボジアのココナッツライス、パイダムナブジェクティスでこれを抑えることにした。

しかし、一口食べてみると・・・、



甘い・・・。 バナナも入ってるぞ。


「これって、もしかしてデザートですか?」

「ハーイ、カンボジア ノ デザートデース」

注文する前に言ってほしかった。llili○l ̄L



さて、ここまでで開始から40分。やっとタイの屋台がオープンした。 マイペンライ。

アジア屋台フェスティバルアジア屋台フェスティバル


大鍋の写真を撮っていると、もっとよく見えるようにと、お玉で中身を見せてくれたタイのお母さん。微笑みがステキであった。

ここのグリーンカレーはかなりスパイシーで、日本のタイ料理で出されるもの(一般的な)よりかなり辛い。具はチキンとたっぷりのタケノコ。シャキシャキとした歯触りがいい。

ただ、ご飯には思いっきり芯が残っていた。聞くと炊くのを失敗したらしい。 マイペンライ。



このあたりでそろそろお腹も大きくなってきたが、ここまで来たら全部制覇したい。栄光のゴールまであと3つだ。

ということで、次は台湾の炒米粉(ツァオミーフォン)とフィリピンのギナタアンマノック。

アジア屋台フェスティバルアジア屋台フェスティバル


やはり台湾といえば屋台。

国名(地域名?)の中にも屋台の台という字が入っている。

料理は焼きビーフン。少し八角がきいているが、日本人にもなじみのある味で食べやすかった。ちなみにビーフンは米粉(べいふん)と語源が同じだろう。名前的にもなじみやすい。パイダムナブジェクティスよりも。



そして、また早口言葉のようなギナタアンマノックはココナツチキンシチュー。焼きバナナのデザート付き。

じゃがいもを長時間煮込んだからか、ドロッと重たい料理であった。味は違うが、天下一品のこってりのようにお腹にドーンとくる。



さあ、最後の料理をいただくことにしよう。イベントが始まってから50分後にやっと屋台をオープンさせたモンゴルのバンシタイシュル。

アジア屋台フェスティバルアジア屋台フェスティバル


晩したい? しゅる(する)!

みたいな何となく艶っぽい名前の料理だが、これがラストを飾るのにふさわしくかなり個性的なものだった。

まず、見た目。二郎系か、と思わせるようなてんこ盛りである。基本の餃子入りスープに牛肉(モンゴルでは羊肉の場合もあるらしい)、たっぷりの野菜、そして、驚くべきは生麺がのっているのである。

博多ラーメンだと麺の固さをバリカタ、針金、粉落とし(お湯にさっとくぐらせ、粉を落とすだけの固さ)などというが、


モンゴルの麺は博多っ子もびっくりの生である。


味はさっきのギナタアンマノックとは反対にあっさりしたスープで胃にやさしそうであった。しかし、見た目に違わず具だくさんで、モンゴルのいっちゃえ!いっちゃえ!的なパワーを感じたのだった。



私たちはすっかりお腹がいっぱいになり、食後のチャイを注文した。そうインドからはチャイの屋台が出ているのだ。

このころになると会場全体が和んだムードになり、食後のチャイを楽しむ人もあちらこちらで見られるようになってきた。

そして舞台でパフォーマンスが始まった。屋台を出している人たちがいろんな芸を披露するのだ。

アジア屋台フェスティバルアジア屋台フェスティバル


歌あり、踊りあり、楽器の演奏ありとみんな実に楽しそうである。

私たちも手拍子をしながら盛り上がった。



実はこのイベントの主催はアジア協会アジア友の会というところで、今回のイベントの収益はインドの井戸を掘る資金として使われるそうだ。

私たちが使った2700円もインドのどこかで水を必要としている人の役に立つことだろう。
そしてきれいな水で屋台の皿を洗ってくれたら、旅行者がお腹をこわすことも少なくなるだろう。

アジア屋台フェスティバル


渇くアジアと世界に水を

アジア協会アジア友の会
http://www.jafs.or.jp/



P.S アジア屋台フェスティバルは毎年、この時期にこの場所で行われているそうです。個人的には毎日でも楽しいイベントだと思います。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント エスニック料理

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
アジア屋台フェスティバル ~前編・屋台大好き~ 
2010.02.27 Sat 21:48

屋台が好きである。

おん祭りや猿沢池の盆踊りのときにずらっと並ぶ屋台。見ているだけでワクワクする。

日本の屋台ももちろん楽しいが、外国、特にアジアの屋台はもういてもたってもいられなく、端から順番に制覇したい衝動に駆られる。(北京のゲテモノ屋台も楽しかったが、台湾の毎日が縁日のような夜市もまたしかり。牛のように胃袋があと3つほしいぐらいだ。)



もちろん衛生上問題があるとの指摘も多く、シンガポールや福岡では屋台を減らす試みがされているが、ウ●コの流れる川で皿を洗うようなイ●ドの屋台でない限り、私は規制をかけることに反対である。(●には同じ文字が入ります)

ならまち


そんな私の屋台心をくすぶるイベントが27日(土)に行われた。

その名もアジア屋台フェスティバル。

場所は朱雀にあるカトリック聖ヨゼフホーム ユースケ サンタマリア。この場所、前にも来たことがあるが、ときどきイベントなどもやっているようだ。



私たちは12時頃着いたのだが、もう、いつでも出せそうな屋台と、あと三日ほど待ってくれというような感じの屋台があって全体的にはまだ準備中であった。

アジア屋台フェスティバル


このあたり、アジアの屋台を本格的に再現するにあたり、わざと予定時間を遅らせるという心憎い演出であろう。

マイペンライ、ノープロブレム、無問題。

・・・と10分ほど待っていると、なにやら舞台で主催者らしき人のあいさつが始まった。このあたりから少しずつ料理の準備も整ってきたようだ。



では、早速準備ができた屋台からいただくことにしよう。

まずはネパールから。

アジア屋台フェスティバルアジア屋台フェスティバル


料理はモモ。


もちろん中から桃太郎が飛び出してくるようなものでも、牛の大腿部でも、時間泥棒を捕まえる話でもなく、ネパール風蒸し餃子である。

モモについてはこれまでも食べたことがあるが(以前の記事 参照) 餃子のように肉の餡を包むという基本は押さえながらも、形やソースの味付けはいろいろである。

ここのモモは餃子というより肉まんのような形でカレーっぽいソースがかかっていた。

ネパール料理がインドと中国の融合であることはここでも証明された。



しかし、食べている途中、「3個200円に変更しました(はじめは2個200円)」と、もう一つモモを持ってこられたのにはさすがに笑えた。ノープロブレム。



そろそろ、いろんな屋台がオープンしてきた。

次は中国は内モンゴル自治区のシャーピンとインドネシアのミーアヤム。

アジア屋台フェスティバルアジア屋台フェスティバル


シャーピンは漢字にするとおそらく焼餅だろう。

餃子の餡のようなものが中に入った餅を平べったくして焼いてある。いかにも屋台でありそうなスナックで、キッコーマンの醤油をつけて食べるところはいかにも中国である。

インドネシア料理といえばインドネシア風焼きそばのミーゴレンや、目玉焼きがのった焼き飯 ナシゴレン、焼き鳥のサテなどがお馴染みであるが、ミーアヤムと来たか。 そう来たか。

ミーは麺、アヤムは鶏だからチキンスープの麺料理ということになるが、野菜炒めや揚げワンタン、細かく刻んだ厚揚げ、味付けもやしなどがのって複雑な味わいであった。


インドネシア料理もまだまだ奥が深い。




そんなこんなしていると中国ウイグル自治区のシシカバブとカンボジアのパイダムナブジェクティスがスタンバイ。


アジア屋台フェスティバルアジア屋台フェスティバル


ウイグルといえばその向こうは中央アジアや西アジアにつながるシルクロードの拠点であり、私は物心ついたころからあこがれていた土地である。

一足飛びにイランに行って(イラン旅行記参照)、いまだ訪れることはできずにいるが、いつかは行ってみたい異邦人である。 久保田早紀さんお元気ですか?

シシカバブはイスラムということで羊肉。丸一日、香辛料と卵(!)に漬けたものを焼いてあり、香ばしくて美味い。

香ばしくて美味いが…、

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・が、


なぜビールがないのか?



串焼きといえばビール、ビールといえば串焼きであろう (←ここ重要)。このナポレオンの辞書にも載る (←ウソ) という一般常識が通用しないのは やはりウイグルがイスラムだからか?

しかし、ここは日本である。私が密かにビールの屋台を出していたら、売り上げが一番になったに違いない。



今日のお話はここまで。続きはパイダムナブジェクティス (←早口で3回言ってみよう) からです。お楽しみに~。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報 ネパール料理 エスニック料理

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
ファラフェルガーデン~おしゃれなイスラエルカフェ~ 
2009.07.17 Fri 21:18
イスラエルといえばパレスチナ問題をかかえ、テロや戦闘の危険もあるとしてなかなか気軽に旅行できない国である。

しかし、首都エルサレムにはキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地が集まっているなど、エキゾチックな魅力を持ち、一度は訪れてみたい国でもある。

私も本当はイスラエルに行ってみたいと思うのだが、実は行けない理由がある。パスポートにイスラエルの入国のスタンプがあると、アラブ諸国などイスラエルと対立している国への入国が拒否されてしまうのだ。

できれば、死海でぷかぷか浮きながら新聞を読んだり、嘆きの壁で大いに嘆いたりしたかったが、そういった事情があれば仕方ない。



さて、イスラエルに行ってみたいけど今は無理だなあとあきらめている、そんなあなたにオススメの店がこちら。


ファラフェルガーデン


ファラフェルガーデン・・・、なんか早口言葉みたいな名前だ。

シャア少佐さあ注射 (3回言ってみよう~)

それはそうと、ガンダムのセイラさんが17歳って知ってました? もっと上かと思ってた・・・。



では、次の問題、「スロベニアの首都はどこでしょう。」

正解は「リュブリャナ」 (3回言ってみよう~)


では、次の問題、「ファラフェルとは何でしょう。」 (3回言わないでね)


ファラフェルガーデン


答えは 「中近東でよく食べられるヘルシーフード。ひよこ豆をすりつぶしてパセリやスパイスと混ぜて団子にし、素揚げしたもの。これを生野菜と一緒にピタパンに挟み、ゴマペーストのソースとトマトチリソースをかけていただく。(ファラフェルガーデンHPより抜粋)」


実はこの店、2004年までは餅飯殿商店街から猿沢池に抜ける路地 (昔はここが川であった)、なら町長屋にファラフェルキングという名前で営業されていた。

ファラフェルキングとかけて、クリスタルキングと解く。そのこころは、



どちらも(大)都会が好きでしょう。

ということで京都に移転してしまい、残念であった。

ファラフェルガーデン
↑そのときに食べたファラフェル。この一枚だけがハードディスクに残っていた。



要するに奈良で店を始め、京都で大きくなり、見事凱旋を果たしたということだろう。故郷に小錦を飾る。

店に入ると正面奥にステンドグラスのダビデの星。

ファラフェルガーデン


それにしてもおしゃれだ。 おしゃれすぎるぞ。

私は前述のようにイスラエルには行ったことがないが、こんなにおしゃれな店が多いのだろうか。

ちなみにファラフェルガーデンの向かいに「コムゴン」というベトナム料理の店があって、私はベトナムには行ったことがあるが、あまりにおしゃれすぎてなんだかケツの座りが悪いのである (ただいま、不適切な表現がありました。申し訳ございません)。



さて、いろいろと気になるメニューがあったが、私たちは基本のファラフェル (36シュケル)とチキンカバブ (60シュケル)とシュニッツエル (62シュケル)をオーダー。(1シュケル24円で表記しております。)

ファラフェルガーデン


ここで読者の中で疑問を感じられる方がおられるかもしれない。

シュニッツエルはドイツ料理なのでは?


ところがどっこい、イスラエルでもこの料理はポピュラーのようだ。

国は違うがイランに行ったときにレストランでシュニッツエルを見つけ、いただいたことがある。けっこう幅広い国や地域で食されているメニューということであろう。



さて、肝心の味であるが、私の舌には全く違和感なく受け入れられた。

・・・が、「違和感のないことが違和感」という感覚が残る。いただいた料理はどれもおいしかったのだが、やっぱり日本人の好きな味に調整はしているんだろうなあ。

まあ、それはそれでよし。
 イスラエルに行ったことがあって、または、奈良に住むイスラエル人が 「あの味をもう一回食べたいなあ」と思ってやってくるといった店ではないだろうから、おいしいことが最優先である

この日も、イスラエルのビールなんぞ飲んだりしながら、次来たときは、フムスとか、ババガヌッシュとか、ヨルダンワインとかもいただいてみたいなあ、と思いつつ店を後にしたのであった。


ファラフェルガーデン
奈良市東向南町13-2
0742-24-2722
11:00~20:00
無休 P無 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : エスニック料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(5) | trackback(0)
記事編集
亜路居亭 
2008.09.26 Fri 21:35
サワディー カーッ!!

亜路居亭

微笑みの国 タイへようこそ~。タイ



といってもここは奈良県、橿原市。

県立医大前にある、亜路居亭(アロイテイ)というお店。

アロイとはタイ語で美味しいという意味。アジア(亜細亜)の路地に居る、とはうまいネーミングだ。
ただし、一見タイ料理の店とは思えないのが、ちょっと…オシイ。 ヽ(´~`;)



店内にはにこやかに私たちを見守って下さっているプミポン国王夫妻の写真。

食べているときもずっと見守ってくれている。

亜路居亭



この店、平日はランチのセットがあるのだが、土日祝日にはそういったメニューがないようだ。

そして、昼夜共通の一品がメニューにずらっと並んでいる。



それでは、ここでメニューを一気に紹介!

亜路居亭亜路居亭
亜路居亭亜路居亭
亜路居亭亜路居亭
亜路居亭亜路居亭

(クリックすると大きな写真にリンクされていますので、来店の際の参考にして下さい。)


オーダーを取りにきたご主人(ちなみに主人が日本人で奥さんがタイ人の夫婦で経営されている)が言うには適当に順番やなどを考えて出してくれるらしい…。


えっ?量? (・・ ? )


メニューには値段も書いてあるのだから、量を変えるのはいかがなものか、と思ったが、全体のバランスを考えて出してくれるのならありがたい話ともいえる。

このあたり、マイペンライのお国柄ならでは。





では、今回いただいたものをこれまた一挙に紹介!

亜路居亭亜路居亭亜路居亭
亜路居亭亜路居亭亜路居亭

グン・フォー・バー/カイ・ヤサイ/トム・ヤン・クン/パッタイ/ゲーンペッ/イカチヂミ



イカチヂミ?  韓国


数あるタイ料理の中に燦然と輝く韓国料理の一品。

しかし、辛さに弱い人には救いのメニューかもしれない。
現にうちの場合も子どもが喜んで食べていた。



帰りに主人と少し話をしたが、料理へのこだわりはかなりのもの。

亜路居亭

本格的なタイ料理を食べたいときにぜひおすすめの一軒。


では ไป ล่ะ นะ ครับ/ค่ะ   またね~。



亜路居亭
橿原市四条町862-2
0744-21-0613
11:30~22:00
第3水・月末休
P有


亜路居亭





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : エスニック料理

category:食べ歩き 奈良市外
comment(0) | trackback(0)
記事編集