fc2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
ミシュランガイド 奈良 2022 ~いろいろ考えてみた~ 
2022.05.26 Thu 12:15
 
ついに出ました!

ミシュランガイド 奈良 2022 特別版

ミシュランガイド 奈良 2022


2012年の大阪・京都・神戸・奈良版からはじまり、2014年の関西版、2016・17年のweb版 といろいろあって、ついに奈良単独 書籍版の発売と相成ったのである。

もう何度も書いているが、「奈良にうまいもんなし」 という志賀直哉の呪縛は今度こそ完全に解き放たれたといっていい。

なぜなら、奈良にうまいもんがないなら、ミシュランの単独書籍版が出ていない世界の都市以外は全部うまいもんがないことになるからである。


ビバ 奈良!


それにしても、せんとくんとミシュランマンのツーショットの気持ち悪いこと。

michelin.jpg


フランスの気持ち悪いと日本の気持ち悪いの共演。

奈良に本が埋まるほどのおいしい料理のお店があるのか。いまでもドキドキしています」 という、県知事の自虐ネタも(失)笑を誘ったらしい。

また、生駒市長は「2軒の一つ星レストランと5軒のビブグルマン、計7軒の生駒市内のレストランが掲載されました!」と ツイッターにはしゃいで書き込んでいたが、正しくはビブグルマンが3軒である。

とほほ・・・


さて、今回掲載されたのは、101店舗。3つ星はなかったものの、2つ星が4店、1つ星が18店、ビブグルマンが22店。今回新たに加わった食の持続可能性への貢献を評価する「グリーンスター」が5店。

地域別では、奈良市 61店、橿原市 10店、生駒市 7店、桜井市 4店、天理市 五條市 斑鳩町 各3店、大和高田市 宇陀市 明日香村 各2店、大和郡山市 香芝市 田原本町 広陵町 各1店。

我が町、船橋商店街からもプールが選ばれている。

レストラン プールレストラン プール


大阪・京都と比べて薄いのは仕方ないが、前からは日本語で、後ろからは英語になっているので、

実質81ページで、2530円!

と、なかなか強気の値段設定なのだが、この本を手にした人が、遠回りでも訪れてくれ、奈良の食が今まで以上に活性化されるのならよしとする。

発表会では、

 奈良はもともと古くからの伝統や文化が根付いている土地であること、
 食と農が近い関係にあり、大和野菜といった伝統食材が多くあること、
 京都や大阪などでの修業を経て地元に戻り活躍する料理人が多いこと、

などが掲載店の特徴として挙げられていた。

そういう意味では、まだまだ、掲載されてもいい店はたくさんあると思う。

例えば、橿原のリストランティーノ バルジェットなどどうだろう。

リストランティーノ バルジェットリストランティーノ バルジェット


自家農園で採れた野菜を使い、パスタもパンも自家製、ミシュランにうってつけの店だと思うのだが・・・。

また、3つ星から1つ星になった 和 やまむら をはじめ、前回は星付きだった(または掲載されていてた)店の今後も気になる。

それと、今回は旅館部門もなかったので、菊水楼奈良ホテル月日亭などのホテル系が取り上げられなかったのも少し残念である。


もし、数年後、改訂版が出るとすれば、さらにページが増えて、特別版から昇格し、パリや東京と肩を並べるようになることを願う。


私は食を職にする人間ではないが、これを機にうまい店がますます増えるのなら、とってもうれしいと思うのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記1:まさら庵 TAKUMIで聞いた話
ミシュランの方、2回目ぐらいから名乗られて、そのあと何回か来られたけど、キムタクのテレビみたいなのと違って、めっちゃ普通の人でした。

追記2:はらぺこで聞いた話
ミシュランの人、めっちゃ飲んで、べろんべろんになって帰らはったわ(笑)

ミシュランの裏話である。


奈良グルメ図鑑でミシュラン掲載店を見る。



    

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報

category:地域情報 イベント
comment(1) | trackback(0)
記事編集